【エクセル】日付を取得する関数

Excel

今(セルへの入力時・更新時など)の日付や時間を取得する関数について紹介します。

今の情報を取得する二つの関数

今日の日付を取得する

今日の日付を取得するには、TODAY関数を使用します。

《書式》
 TODAY()
 ※引数は必要なし

パソコンの時刻を取得し、今日(入力時・更新時)の日付をシリアル値で取得します。表示方法はセルの表示形式に従い表示されます。

日付が更新されるタイミングは、ブックを開いたとき、「F9」キーを押したときです。

TODAY関数の使い方

今の日付と時間を取得する

今の日付と時刻を取得する場合は、NOW関数を使用します。TODAY関数との違いは、時刻を取得するかどうかです。

TODAY関数・・・日付のみ取得
NOW関数 ・・・日付と時刻を取得

《書式》
 NOW()
 ※引数は必要なし

パソコンの時刻を取得し、今日(入力時・更新時)の日付と時刻をシリアル値で取得します。表示方法はセルの表示形式に従い表示されます。

更新のタイミングはTODAY関数と同様です。

NOW関数の使い方

TODAY関数とNOW関数の違い

TODAY関数とNOW関数で取得する値の違いは次のようになります。

日付表示で比較

日付表示で比較

日付表示で二つの関数の取得値を比較すると、TODAY関数で日時を取得した場合は、時刻部分が0:00となっているのに対して、NOW関数では23:03と時刻まで取得していることが確認できます。

数値表示で比較

数値表示で比較

今度は表示形式を「数値」にして、小数第四位まで表示させて比較した結果です。TODAY関数では小数点以下は0であるのに対して、NOW関数では数値が取得されています。

まとめ

TODAY関数とNOW関数はそれぞれ今の日付を取得する関数です。日付のみが必要なときはTODAY関数、時刻まで必要な場合はNOW関数と使いわけることができます。

もしくは、TODAY関数の代わりにNOW関数で日付を取得し、セルの表示形式で日付のみを表示させる使い方もあります。

エクセルで資料を作成して印刷する際、いつ印刷したのかを残したいときに最適な関数です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました