【Excel】文字列中の英字を大文字・小文字に統一する(UPPER関数・LOWER関数)

Excel

文字列中に含まれる英字を大文字もしくは小文字に統一するには、UPPER関数もしくはLOWER関数を使用します。

UPPER関数・LOWER関数の概要

UPPER関数は英字を大文字に、LOWER関数は英字を小文字に変換します。

書式は次の通りです。

《書式》
UPPER(文字列
LOWER(文字列

引数の文字列にひらがな・カタカナ、漢字など英字以外を指定した場合はもとの文字列が返されます。

UPPER関数・LOWER関数の使用例

UPPER関数・LOWER関数は文字列の見た目が変わるだけの関数ですが、SUBSTITUTE関数と組み合わせることで効率的に置換・削除などの文字列操作を行えるようになります。

想定される場面として、複数の文字列中にAbc、aBcやabCなど同じアルファベットが含まれており、ABC(abc)の文字列を大文字・小文字に関係なく削除したい場合です。

UPPER関数やLOWER関数で一旦、文字列中の英字を大文字(小文字)に変換したのちに、SUBTITUTE関数で一気に変換することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました